ありのまんまときどきくじら日記

「あり」ときたら、好きだしやっぱ「くじら」だ! そんな思いつきのタイトルです。 日々の出来事をありのまんま、自由気ままに書いてます。 何や意味不明だったり、時々語り入ったり…

New Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは情けないナミダこれは情けないナミダ これは情けないナミダ これは情けないナミダ

ひどいことしか言えないこの口を縫い付けてしまいたい。
いつも後悔するのにどうして学ばないのか。
早く冷静になれ素直になれ、感情に任せて人に言葉をぶつけるな。
なんでできないんだろ。


心が痛いのは人のせいじゃなくて自分自身のせいだ。
おせっかいで押しつけがましくて
優しさすら押しつけでそれも他人に見抜かれるぐらいで
ああ、そんな風に見えてるんだなぁってそうなんだものそう見えるわな。


何度思いきっても、結局元に戻ってきて。
やっぱ自分はダメな奴なんだと落ち込む。
わかっているはずなのに抜け出せなくて。
何がしたいんだろうと後に残るのはいつも空しさ。


自分を引き上げる糸はもうずっと高いところにあるのに、諦め悪く飛び跳ね続ける。
そうすることで自分の心が削られてくのも知っているのに。
そしてまた自分を棚に上げてひどい言葉を吐くのだろうか。


大きい一つのダメージから逃げて、小さなダメージを常に受け続ける。
どっちが楽とかないはずなのに私は後者に逃げる。
しかし小さなダメージの最後は逃げた大きなダメージよりも大きいダメージ。
わかっているのに抜け出せないのは自分の弱さ。


抜け出すよ。時間かかっても。
最後の大きなダメージが来るのが先になるかもしれないけど。
今自分がしていることは全部間違った方向に進んでる。進めてるのは自分。
小さな傷をつけ続けてるのも自分。
つまり自作自演なんだろうな。痛い奴。
スポンサーサイト

自分の世界を持ってますね自分の世界を持ってますね 自分の世界を持ってますね 自分の世界を持ってますね

高校2年の時担任に言われた一言を思い出す。

六階のベランダで手すりに腰掛け、夜の公園や建物を見ながら好きな音楽を聞いている。
そんな私は変わっているのかもしれない。

入ろうという気が起こらないのか、単に小心者なのか。
右に傾けば先はなく、左に傾けば現実で。
どうやらそのスレスレが一番心地いいらしい。

危ないから止めなって誰かに言ってほしいのか。
この場所で誰かが来てくれるのを待ってるのか。
自分でもわからないけど、この少しの寂しさこそが自分の居場所な気がする。

誰も来ないのわかってるのに、少しの期待を消すことができずに自分から動くことを諦めてる。

変な話だよね。


そして私は現実に戻るため左に傾き、地に足をつける。
肌寒さが心地いい。
もう少しこの場所で、誰も来ないこの場所で誰かを待ってみよう。

久しぶりにポエムってみる久しぶりにポエムってみる 久しぶりにポエムってみる 久しぶりにポエムってみる

寝れずに気付けば朝の7時
少し早いがいつものように外へ

「雨」

傘もささずに
しばらく突っ立って空を見上げる
風邪をひけたらいいなんて
甘ったれたことのためじゃなく
雨に触れたくなった

何かつかめそうな気がして
気付けばこんな時間

何もつかめなかった
でもなぜだか心は軽くなる

主人公と一緒に自分探しの旅に出た
同じ不安を感じていた自分
脇役と一緒に涙を流した
同じ思いを味わっていた自分

一緒に答えを探す自分

一皮むけたとき☆一皮むけたとき☆ 一皮むけたとき☆ 一皮むけたとき☆

心は穏やか。
自然と笑みがこぼれる。
あ、怪しいニヤニヤじゃないよ(笑

少しは強くなったな、と自分を褒める。
今ならいい言葉がたくさんあふれてくる。
いつもみたいなマイナスな言葉ばっかじゃなくて。
やっぱその方が幸せだからね。
本心から誰かを応援すること、もしかしたら今までしてなかったんじゃないかって(笑
適当に聞いて、適当に頑張れって言って。
相手のことをしっかり考えてなかったんじゃないかなって。
だから相談してくる人もどんどん減って(笑

チョイ前までは自分が嫌で嫌で仕方なかったけど、今の自分は嫌いじゃないな。
むしろかっこよくない?(笑

目に見えない何かを手に入れた!
すごい大きな、でも気を抜くと忘れてしまいそうな。
どうしたら忘れないでいられるだろう。
この大切な感情は常に忘れちゃいけないものなんだけどな。
気持ち次第でどうにでもなる。
自分を信じて、自分の笑顔を守りたい。
それができてから大切な人たちの笑顔も。
やっぱ自分が暗い表情じゃ他人を笑顔にすることなんてできないしな。

この感覚。
何かを成し遂げたとき、何か一つの目標が見えてきたとき。
算数とか数学の問題が解けたときの感覚?(笑
ワクワクする。
そろそろマイナス思考から抜け出せる時だな。
まぁすぐには無理だろうけど、この感覚をどうにか保ちたい。
泣きに逃げるのはやめだ。物にあたるのもやめ。
心で受け止めろ。もういい年だろう。
強くなれとは言わないが、強くなろうという努力はしろよ。
自分を甘やかすな。

さぁてこの目標、いつまで忘れずにいられるかな。
自分との勝負、また始まった。
変えられるはずないと諦めるよりまず、変えようと思え。
でなきゃちっとも進めないよ?
期限なんてないんだからさ、変えられないなんて誰にもわからないわけじゃん?
私はこれが自分の性格だから、なんて諦めたりしないよ。
だって前に進みたいもん。

見せてやるよ、向上心!

かたりかたってかたたたたかたりかたってかたたたた かたりかたってかたたたた かたりかたってかたたたた

煽てって効果的だね。
勘違い、洗脳から始まるのを否定してたけど、結構そういうのが多いんじゃないかと思った。
やっぱ夢見すぎだったんだな(笑
いわゆるあれだ、少女マンガの読みすぎ(笑

入りはそこまで重要じゃないのかもな。結局そのあと。
どんだけお互い話し合えて、受け入れるなりなんなり超えれるか?
話し合えないまま、わかんないままどっちかが疲れて終わる。
そういうのも結構あるんだろうし、我慢できなくて終わる。
そんなのもたくさんあるんだろうな。

うまい別れ方ってどんなのなんだろう。
別れるのが一番体力がいる、だれかそんなこと言ってたっけ。
確かに慣性の法則みたいに従ってる方が楽なのかもしれない。
それに逆らったとき何らかの力が生じる…

いくつかの経験。大した数じゃないけども。そこから学ぶもの。
自分の甘さ。どこかで自分の思い通りになるんじゃないかと期待する甘い考え。
何かに逃げようとする。見ないように見ないように。
完全に見えなくなるまで。見えなくなって落ち着いて新しい何かを見つけて。
結局ちゃんとした解決方法は持ってない。中途半端が嫌いなのに。


誰にも嫌われたくないと人づきあいを恐れるようになった。
心からの笑顔を見せられなくなったのはいつからだろ。
依存するように人と接するようになったのは?
悲観視しかできなくなったのは?
困らせるようなことしかできなくなったのは?
結局全部自分の我儘からくる。

強くなれ。付き合うってことは寄りかかることじゃないはずだ。
対等を理想とするのなら、今のままじゃだめだ。
上を目指すなら、自分を変えていかなきゃ。
本当に変えなきゃいけないのは外面じゃなくて中身だ。
自分が余裕のある人間にならなくちゃいけない。
悲しい時、腹が立った時をそのまま顔に出す、そこからもう抜けださなきゃいけない。
まず泣くということに頼ることをやめよう。
笑顔を意識しよう。どんなときも一度笑ってみよう。
この無愛想な表情を少しでもやわらかくしていこう。
悲しい気持ちに誰か気づいてほしい、じゃなく、悲しくても相手にわからないように、むしろ自分でもわからないぐらいに笑う練習をしよう。

 | HOME |  »

Copyright(C) APORO. All rights reserved.
Material:Around the Inko Tsuruta. Template designed by komame.

FC2Ad


Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。