ありのまんまときどきくじら日記

「あり」ときたら、好きだしやっぱ「くじら」だ! そんな思いつきのタイトルです。 日々の出来事をありのまんま、自由気ままに書いてます。 何や意味不明だったり、時々語り入ったり…

New Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな感情入り混じりいろんな感情入り混じり いろんな感情入り混じり いろんな感情入り混じり

可愛いと言える人が羨ましい。
可愛いと言われてありがとうと言える人が羨ましい。
何気なく好きだと言える人が羨ましい。

可愛いと思っても言えない。ちゃかして無茶して言うことはある。
本当に言いたいことは言えなかったりする。

しばらく書いてなかったし、きっと誰も見てないだろうから正直に書いちゃえ。
もうひとつのブログならリスクゼロなんだけどあえてこっちで。


ケース①
元気な私が好きだと何気なく言ってくれる友人がすごいと思う。
またまた~とかって誤魔化してありがとうも言えず。
天然タラシか、計算タラシかコイツはとか思いつつ(笑
ま~残念ながらイロコイ関係ない好きだけどね(笑
でも嬉しいことだよなぁ。照れちまってダメだわ~。

ケース②
友人らと3人でボートに乗って、この角度から見る女の子っていいって言うから、
まさかな~と思いつつキョロキョロ見回してツッコミが入る。
パートナーできたら行こっとって一言で、オチをつけられたけど(笑
いや期待してないけど、期待しちゃうのが女の子?(笑
ま、嬉しいことには変わりなく、気分上々だったね(ぉぃぉぃ


からかわれてるのはわかるんだけど、ついついドギマギしてしまう自分が悔しくて。
っつーか不意打ちが悪い!!いやどんな前フリがあるんだよ…
あ、いつもじゃなくて稀に言うから効果的なのか。
ぜってー惚れない!と決めてる手前揺らぎそうになるのを抵抗(笑
まー褒められて気分いいのを楽しんでいればいいかなぁと。
だって今だけだろうし、こんなこと言ってもらえるの(笑


ま、ケース①も②も同じ友人なんだけど、チャラい発言だよなぁ(笑
どんだけの女の子に使ってるか知らんけど、男の子慣れしてない女の子には超有効だね!
やりすぎると単なるチャラ男か、軽い奴に見られると思うけどね!!
悔しいから皮肉ってみたけどさー。
私にもそんな余裕がほしいわー。照れて言えんわー。


ま、言われて嬉しい言葉であることには変わりないね。
素直に喜んでおこう(笑

自分にだけ言ってくれる人見つけよ~っと、え?やっぱイタイ子?(笑
スポンサーサイト

うーん、複雑うーん、複雑 うーん、複雑 うーん、複雑

せんせーい。
まぁ確かにそう思うのもわかるけどさ。
大丈夫なのかとか言っちゃわないでほしいなー。


何か問題が出てくるとしたらずっと先だ。
だって何度も実験を重ねて商品化されたものなんだから。
そんなすぐに異変が出るようなものなら出されない。


わかってはいるものの、講義中こう何度も自分が経験したものについて不安ちっくなことを言われると正直まいるよ。


無表情を装いつつ、ちょっちブルーになっちゃいました。
まぁきっと受けた人なんていないと思ってるだろうからな。仕方ないか。


ある意味私って最先端を行ってるな(笑

なぜになぜに なぜに なぜに

あんなにも腹が立ったのか。
分析中。

人のことだしどうでもいいんだけど、情けないと言うかそんなこと言ってほしくなかったというか。
ガッカリした感じだった。

言ってあげたいことを後回しに変な説教しちまったから、さすがに嫌がられたな(苦笑)

まぁいいか、人のことだし。そんな悲しいことを言うなと思っても何も言わなきゃよかったな。
干渉すんのやめよ。

にしてもこのやるせない感じは何なんだ。
まぁ一人の友達が苦手なタイプに変わっていくのを見ていたくないからなのかもしれない。もしくは元々?どうだろ。

人は変わるもの、仕方ない。

ここで二曲。

だってこれで完璧だなんてことはそうそうないでしょう
また計算して完璧すぎても面白くないでしょう

久しぶりに会った友達が何か嫌な奴に変わってたよ
いい奴だったのに


もったドシンとかまえててほしかったのなぁ。
いくつかのキーワードがひかかったのか。
なんだろうね。

どちらにしろ、私がとやかく言うことではないから、お口にチャック。
ここに吐いて終了。
別に自分のことのように、他人の悔いまで抱える必要はない。
だがそんな風に言ってほしくなかったなぁ。
って自分のこだわりを人に押し付けてどんすんねん。

いいいい、これでオシマイ。

やべやべ やべ やべ

またポエムっちゃったよ(笑)
でも今回のはいつもみたいに苦しいのじゃないし、無理に頑張ろうとしてるのでもない。

近くにいるとついつい後回しにしちゃったり、照れて言えなかったりするんだけど。
ありがとうを言わなきゃいけない相手ってすごく近くにいるんだよなぁって思って。
そんな風に思いながら回想モード(笑)
こたつでノンキにイビキかいて寝てるの見ながら。

ある人を見てると片思いは楽で楽しそうだ(笑)
時々何のために付き合ってるんだろうって思うこともあるけど…こういう時間がとてつもなく大切に思えることがあるんだよな。

人に想われる喜びを当たり前に思わないよう!
こんな想ってもらえるって超幸せなんだぜ?忘れんなよ!と自分に一喝☆

うん、大丈夫。
大丈夫だよ。

親からの電話親からの電話 親からの電話 親からの電話

昨日の話。

「おじいちゃんが救急車で運ばれた。年が年やからいつでも来れる準備しといてね」


「うん・・・」


母さんはその元気ない声を心配したらしく、
「なんかあったん?」
と言ったが、
「いや、こういうことの返事って元気よくするもんか?」
とまぁそんな話をしつつ電話終了。


・・・。
なんでか泣いた。まぁじわりってぐらいか。
おいおい、なんでもうそっち方向で考えるんだよ。
たぶんばあちゃんの時に間に合わなかったからか、あっけないものだって思うようになってたのか。

友達にメールした。
「年なら仕方ない」
仕方ない、か。なんだろうな、仕方ないって。
まぁわかってることだけど。
「うん、そうだね」
とだけ返した。


どうもじいちゃんやばあちゃんの記憶は薄い。
やっぱ大阪ってこともあるのかもしれない。
それに行くのを嫌がっていた子供のころの記憶しかないからな。
ロクな孫じゃなかった気がするし。

じいちゃんのことを思い出そうとした。
思い出せたのは近所のデパート?だかどっかでおもちゃを買ってもらったこと。これはものがあったから覚えてるだけなのかな。
あとはテレビを見ながら、お茶を飲んでる光景。
湯呑を持つ手の小指が立っていたのを覚えてる。
年賀状に学業を頑張れ的なことが書かれていたっけな。

思い出せることが少ないよ。


そんな風にいろいろ考えてたら、母さんからメールが来た。
「落ち着いたから大丈夫だよ」

ああ、よかった。
まぁいろいろ考えちゃってた自分は忘れよっと。

 | HOME | 

Copyright(C) APORO. All rights reserved.
Material:Around the Inko Tsuruta. Template designed by komame.

FC2Ad


Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。