ありのまんまときどきくじら日記

「あり」ときたら、好きだしやっぱ「くじら」だ! そんな思いつきのタイトルです。 日々の出来事をありのまんま、自由気ままに書いてます。 何や意味不明だったり、時々語り入ったり…

New Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に約束君に約束 君に約束 君に約束

気付けば君は
遠く手の届かないところ

いまだに信じられないよ
だからいつまでも手を伸ばし続ける
空へのびる鉄塔を見上げながら

君は今何してんのかな

新しい道を歩み始めてる?
笑顔で見守ってくれてんのかな
疲れたからゆっくり休暇中?

どっかで会える気がする
だから気づくと君のこと思い出してる
鉄塔に今日も頑張るよって告げて

そこにいない君に約束するように
スポンサーサイト

自分を信じて自分を信じて 自分を信じて 自分を信じて

君は間違っちゃいない

慣れって怖いもんで
間違ったことさえ正当化
多数の考えであればそちらが正

だから教科書に書かれてれば集団洗脳
誤りに気づけるのは果たして何人?

何が正で 何が誤か
それすら作られた思考だから

それでも自分の信念だと立ち向かうしかない
たとえ親が君の行動を否定しようが
世の中はそういうもんだと諭そうが

僕らの時代
昔の考え方に振り回されるな

おかしいと思うこと
諦めてはいけない

雲のアート雲のアート 雲のアート 雲のアート

雲が好きだ

触れそうで触れなくて
幼い頃夢見た ふわふわした雲の上で跳ねること
それは叶わないと知ってる今でも

いつも表情が違って
大きなアートがすぐそこにあるようで
昔の世界的に有名な絵画にも
今見る雲が描かれていて
同じじゃないんだけど共有しているような
そんな気分になる

そういう意味では星だって
時間をまたいでその姿を見せているのだけれど
星も好き
雲の方がもっと好きなんだって
最近気づいたんだ

僕はそこに何を見ているのか
重ねているのか
わからないけど

時間とともに時間とともに 時間とともに 時間とともに

君がいなくなって
5ヶ月が経とうとしてる
もっとずっと前のことのようで
人の記憶っていい加減なもんだなって思う
最後の君の表情は
とても安らかで
安心したような切ないような
そんな気持ちになったのを思い出す
奇跡は起きなかった
でも数少ないから奇跡と呼ばれるんだよな
当たり前ながらも
身勝手な自分の考え方に苦笑する
時間は過ぎる
僕が立ち止まってようが何しようが
幼い頃楽しみだった未来と言う時間が今は不安で
いろんなことに臆病になってて
出来ないことが増えていく
いつそのときが来るかなんて
誰にもわからない
悔いがあるかと聞かれれば
はっきりとは答えられないけど
でも何となくでも生きていたい
贅沢な時間の使い方かもしれないが
人との関わりの時間をできる限り永く
持っていたい
人見知りの奴が言う台詞じゃないけどね(笑)

 | HOME | 

Copyright(C) APORO. All rights reserved.
Material:Around the Inko Tsuruta. Template designed by komame.

FC2Ad


Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。