ありのまんまときどきくじら日記

「あり」ときたら、好きだしやっぱ「くじら」だ! そんな思いつきのタイトルです。 日々の出来事をありのまんま、自由気ままに書いてます。 何や意味不明だったり、時々語り入ったり…

New Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間に幸あれ仲間に幸あれ 仲間に幸あれ 仲間に幸あれ

仲間の結婚式
久しぶりに再会した皆とまたなと別れる
ひとり逆方向へ

帰り道
楽しい時間を思い返し
一筋の涙

ひとりまたひとりと最愛なる人と一緒に
寂しい気持ちがないと言えば嘘になるが
何より幸せそうな仲間を見るのが嬉しい

たぶん皆が自分が思ってる以上に
仲間一人一人が大切で

皆幸せになれ
悲しみや苦しみから守られますよう

歩道橋から見上げる空は
いつもと変わらず
おかえりと迎えてくれる

今 自分の場所はここにある
スポンサーサイト

生還10周年生還10周年 生還10周年 生還10周年

今年で10年

今 私はここにいる
生まれた頃の医学だったら
今 私はここにいなかった

本当のことを教えてもらえず
その覚悟もまともに出来ないまま
怯えながら不安な毎日を
過ごすことになったろう

たった20年の違いが人の生死を分ける

今だから聞かされる
私がガンだとわかったとき
母は驚くほど無気力に
誰にも会いたくなくなったらしい

具体的に病名がわかったとき
図書館で調べたら古い本ばかりで
治らないと書いてあって
新しい情報を求めて
ネットや本屋で専門書を読んだらしい
今ではさっぱりわからない専門用語も
その時は何の力か理解できたとか

この10年がなかったら
いろんなことを知らないままだった
人との出会い 別れ
人の生 人の死
いいことも 悪いことも

医学が進んで
なかったハズの時間を手にする人
何かが変わって
自らその道を閉ざす人

正否はわからない
でも私は今ここにいることを感謝する

欠けて残ったカタマリ欠けて残ったカタマリ 欠けて残ったカタマリ 欠けて残ったカタマリ

仲間と笑って話しているとふと思う
こんな風に笑っていていいのかな

誰に止められるわけでもない
君だってきっとそんなこと思っちゃいない

なのに僕自身がブレーキをかける
ホントにいいのかって

いいんだって言い聞かせても
どっかで引っ掛かったままのカタマリが掴めない

カタマリはこれから先も消えることなく
でも形を変えながら
時々見え隠れするんだろうな

どれも自分 引っくるめて自分どれも自分 引っくるめて自分 どれも自分 引っくるめて自分 どれも自分 引っくるめて自分

元気付ける詩がかけるって憧れる
ボキャブラリー的には自分も持ってるハズの言葉なのに
浮かぶのはマイナスなものばかり

上部だけで並べても何も残らない
わかってるから何も書けない

いつからこんな風になったんだと
遡り振り返り 何度目だろう
過去は変えられない
今に活かせばいいじゃないかと
前向きな人は言うかな

でもやっぱりそのときに出来なければ
ダメなこともあって
その積み重なりに少しずつ
影響を受け 今の自分になった

性格は変えられないんだと言う人がいれば
諦めてりゃ変えられないよと言う人もいる

どっちも間違っちゃいないと思う
変わるというより両方を持ってて
最後に表に出すのがどっちかってだけで
よくある天使と悪魔を被った自分が言い合う感じ?
そんな善悪はっきり見えないけどね

それでいいよ よく言えば繊細?
どっちの立場も理解できると言うことで

まぁ自分を擁護したいだけかもね
気付けないことの方が山ほどだから

いずれにしてもこんな自分と
一番長く付き合っていくのは自分で
全部引っくるめて
受け止めていけたらいい

 | HOME | 

Copyright(C) APORO. All rights reserved.
Material:Around the Inko Tsuruta. Template designed by komame.

FC2Ad


Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。