ありのまんまときどきくじら日記

「あり」ときたら、好きだしやっぱ「くじら」だ! そんな思いつきのタイトルです。 日々の出来事をありのまんま、自由気ままに書いてます。 何や意味不明だったり、時々語り入ったり…

New Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日、初日の出、初詣について考える大晦日、初日の出、初詣について考える 大晦日、初日の出、初詣について考える 大晦日、初日の出、初詣について考える

年賀状も出したし、プレ大掃除もしてるし、今回のひとり年越しもどっか行こうかなーと考えて。
とはいえ車はないし、ペーパーだし、電車とか公共機関しかないわけで。

考えて考えて考えて。
調べまくって調べまくって調べまくって。

ちなみに調べて却下された理由は以下の通り。

①那智の滝の大晦日ライトアップを見に行く
→今更付近の宿が空いてるわけもなく。
②伊弉諾神宮+生石公園(初日の出)
→車ないと無理やわ…。
③天河神社+洞川温泉
→洞川温泉のパイプラインが故障してなければなー。
④磐船神社で岩窟拝観
→ひとりじゃダメらしいな…あえて初詣で行くとこでもないか。
⑤安井金毘羅宮
→初詣って感じでもないなー
⑥おのころ島神社
→とりあえずお気に入り追加だけしておこう。

ここまできて、二転三転。
③で日の出と初詣言いいな!ってことで次に調べだしたのは、日の出スポット。
始発で調べると正月ダイヤで最寄り駅3時台発があることに気づき、日帰りいいなと探し出す。
・金剛山
・葛城山
・和歌の浦、片男波
→バスがどうなってんだか?
・書写山
→うーん。
・六甲山
・須磨浦山
→なんか一人では居づらそうかも。
・潮岬
→おっと遠すぎるな。

ここで滋賀に落ち着く。
白髭神社が真っ先に出る。
でもなーめっちゃ人多そうだなー。
ってことで近江舞子。

で何を血迷ったか、パワースポットって検索しだして。
そしたら方角的には小凶らしいことがわかり、最大吉は春日大社らへんと…
いや、でもここは行きたいとこにいこうと戻り。
で、ここは縁結んどかなきゃだめなんじゃなかろうかと多賀神社にも行きたいな。
竹生島ってあるんだ!行きたい!
近江舞子(初日の出)→近江高島(白髭神社)→近江今津(竹生島)→彦根(多賀神社)!!
って落ち着いた…かに見えた。

竹生島、名前の通り島。船に乗るわけですよ。
つまり予約がいると。まぁ予想通り、今頃無理ですね。
大津港出発でクルージング初日の出も惹かれるとこもありましたが、
これがベストだ!!と思ってしまった心はうんともすんとも…

【結論】
ま、今回休み少ないしやめとこー。曇りっぽいしね。
来年は早めに予約しよう~
上の階にでも行ってみよう。

え?ま、そんなもんです。
初詣も近所で探してみよっかなー
スポンサーサイト

独身女の独り言独身女の独り言 独身女の独り言 独身女の独り言

親しい仲間うちだけの同期の集まりがあった。いろいろ楽しみなことはある。同時に不安も。
最近はタイムラインをブログ替わりにしていたけど、諸事情により今回はこちらに。

誰の得にもならないが、スッキリさせたいので、最近の自分分析(略して?じぶんせき)いってみよー
その① 今更ながら実感する気になる対象。
・何となく女の子として扱ってくれている(優しいと感じることがある)
・何考えてるのか見えない人=自分に興味がない人であることが最近判明。致命的じゃん?

その② 求めてる(自分勝手な)条件
・料理が苦手な自分を受け入れ、一緒にやってくれる人
・虫が平気な人
・友だちみたいな関係を維持できる(偽装の夫婦の最後の関係は結構理想的)

【今日の出来事に対する本音】
タイムラインに書きづらかった内容はこっから。ありのまんまさらけ出していきまーす。

その① 彼氏はできた?と同期の奥さんに尋ねられた瞬間
 「できてないね~。そういう場にも行ってないしなぁ。」
 心境:誰が嬉しいんだ、私の回答…。この流れヤバいなぁ。

その② 独り者の同期はどう?と同じ場にいる同期を挙げられる
 「いやいや~、ははは(ヘラヘラ)」
 心境:やっぱこっちいくか…自分的にはどっちかってーとありよ?(笑)
   まったく相手にされてないけどね。無難な答え思いつかんなぁ。
   返事しないうちに相手にあり得ないって言われたらわかってても傷つくなー。
   (結局話は流れた。毎度のことながらただのネタだ。正直かなり気を遣うが…)
   相手を巻き込むいじり方はご勘弁ください。誰にとってもいいことないので。

その③ 空気が静まった瞬間(今日一番の心的負担)
 ・乾杯の音頭をふられたとき
  「ぶりしゃぶにかんぱーい」
  心境:何言えばいいんだ…うわー静まったわ。だから嫌なんだって。
    言わせるぐらいならテンション無理にでも上げてくれ…
 ・きのこたけのこどっち派と聞かれたときに気分次第と答えて責められたとき
  「いや、気分による。甘いもののがいい時はたけのこだし、飽きて来たらきのこ。」
  それでもどっちかって選べって言われたら?今は?と聞かれ、
  「直前までチョコ食べてたし、どっちかっていうと塩辛いものが食べたい…」
  結局責めたてられる。
  心境:本音なんでこれ以上どうにも改ざんできないんですが…
    適当に答えられない奴でマジごめんなさい。私の意見とかどっちでもよくないですか。

大したことのない内容、おそらく誰一人私がここまでダメージを受けていることに気づいていない。
責められているときは同期を怖いとすら思った。
なんだお前と本気で言われているような。いつもの通り、イジラレているだけなんだろうけど。
目が笑ってないように見える。全力で否定されている気分になるのはなぜだろう。
黙っている皆と自分ひとりのように思えて、息苦しくなった。

【結論】
私はイジラレるキャラを演じる。笑ってくれればいいとおトボケをかます。
それなのに実際はイジラレることに耐えられない厄介な性質なのだ。
総じて今回は結構しんどかった。

小学六年の時、皆に嫌われているんだと言われ、教室を飛び出したあの時の感覚に襲われる。
怖い。信じられない。同期らといると時々フラッシュバックする。突然1対多を思い知らされる恐怖。
いつまでこの思いを引きずり続けるのだろう。
こういう場に呼んでもらえるってことは嫌われてはいないはずなのに、疑心暗鬼は消せず。
たとえ当人たちに嫌っていないと言ってもらえたところで変わらないんだろう。

どんな自分を出しても嫌われないと心から疑わずにいれる友は何人いるだろう。
腹黒い。真っ黒だ。

 | HOME | 

Copyright(C) APORO. All rights reserved.
Material:Around the Inko Tsuruta. Template designed by komame.

FC2Ad


Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。