ありのまんまときどきくじら日記

「あり」ときたら、好きだしやっぱ「くじら」だ! そんな思いつきのタイトルです。 日々の出来事をありのまんま、自由気ままに書いてます。 何や意味不明だったり、時々語り入ったり…

New Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中に残る記憶私の中に残る記憶 私の中に残る記憶 私の中に残る記憶

車窓から縁ある地を眺めるといつも
涙が出てくる
いい思い出ばかりでもないのに
何がこんなに切ないのか
今の自分になるまで関わった人すべてに
会いたい気分になる
これが郷愁というものなのか何なのか

まるで記憶の写真が流れていくように
高速子ストロボ写真
遮る柱がシャッターのように
錯覚なんだけどね

ひと通りすぎたら ほら現実
今の自分に引き戻される
通ってる間だけ時間が引き戻されて
短時間で子供から大人になっていく感覚
ずっと味わっていたいような

私の電車の旅は
新しい場所を目指してるようで
どこか落ち着く場所を探し求めてる

人混みより人気のない小さい神社
長い階段を駆け上がる
上で待つ何かにワクワクしながら
見える景色に満足する
まわりにはビルもなく
特に珍しいものがあるわけでもない
そのどこにでもありそうな風景を
行ったことのない場所で見つける

有名な観光地より
そういう場所の記憶の方が残ってて不思議

旅先で見つける
隠れ家か秘密基地のようで
地元の人にとっては
何のことはないものなんだろうけど

この記憶は宝物
そうやって懐かしく思える場所を
たくさん見つけたい

この感覚は私か消えると同時に残らないもの
意味はないんだろうけど

ここに生きてる証
なにかを見て感じて
確かに私はここにいた
生きてる間 私にしか残せないもの
私の中にだけ残るもの

偉人でもない限り
語り継がれることはないけど
こんな平凡な感覚だけど
この心にあるものは
どんな偉人が残した素晴らしいものよりも
かけがえのない愛しい大切なもの
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://adepen.blog94.fc2.com/tb.php/605-8b669bba

 | HOME | 

Copyright(C) APORO. All rights reserved.
Material:Around the Inko Tsuruta. Template designed by komame.

FC2Ad


Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。